高浜市のフレンチレストランカフェ [ salut(サリュー) ]

Read Article

この野菜ご存知ですか?

みなさんこんにちは。

 

ところで、先日地元の産直でこんな野菜を見つけました。

 

 

 

 

みなさんご存知でしょうか?

 

この野菜は最近よく目にするようになりましたね。

 

「ロマネスコ」と言います。

 

カリフラワーの一種で、適当な一部分を取っても、そこが全体と似ているという形状をしています。

 

こんな事言っては何ですが、ちょっと気持ち悪い感じですね。

 

ロマネスコはイタリア語で、ローマで作られ食べられてきた野菜なんだそうです。

 

カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせて作られたと言われたりもしていますが、実はロマネスコの方が古くからある植物なんです。

 

このらせん構造は、よく見るとカリフラワーにもちゃんと受け継がれていますよ。今度カリフラワーを手にしたらよーく見てください。

 

このロマネスコ、味はカリフラワーとブロッコリーの間より少しカリフラワーに近い感じでしょうか。(ややこしいですね)

 

調理法はカリフラワーやブロッコリーと同じように扱ってもらえればいいと思います。

 

つづいてはこちら。

 

こちらはあまり目にしませんね。

 

おしゃれなフレンチやイタリアンなんかに行くと、お料理の飾りに使われたりしていますね。

 

フェンネルやフヌイユといいます。

 

日本では『茴香(ういきょう)』といいます。

 

ローマ時代から栽培されてきた野菜で、特に葉の部分がよく利用されます。

 

胃薬、香料などに使用されされ、特に魚料理によく使われるため、『魚のハーブ』とも言われます。

 

ディルという植物に非常に良く似ていて、花も茎も葉もそっくりなんですよ。区別できないくらいです。(タラバガニとアブラガ二みたいに・・・)

 

また、このフェンネルの種(実)はクミンシード、アニスシード、キャラウェイという西洋料理、お菓子、パンの風味付けによく使われる種にも非常に良く似ています。

 

風味はそれぞれ違いますが、見た目は本当に良く似ています。まあ種ですからね。

 

葉の部分は、香り付けや臭み取り、サラダや飾りなどに使われ、茎の部分はサラダ、炒め物、煮物などに使われます。セロリっぽい感じで独特の香りがあります。ヨーロッパにある香草酒っぽい香りと言ったらいいんでしょうか。

 

家庭で使う事は稀だと思う野菜ですね。

 

とにかく地元でこんな野菜が作られているとは驚いたというか、とても嬉しいです。

 

売り場で見つけた瞬間すぐに手に取ってしまいました!

 

良い食材を見つけるとワクワクしますね。

 

生産者さんありがとうございます。

 

 

 

 

Return Top